駅裏画廊

 遊びで描いているイラストと、頂き物のイラストをあつめてみた。

 

 

                                                                                               ▲000101

正月用にイラストを描いてみた。

平成十三年は巳年、なのでエアラコブラ。

 

 

 

 通算来訪者一万人突破記念イラスト。でかいなあ。

 

 

 

▲いつもお世話になっているshineさんからの暑中見舞い。fwm4×2型ですな。

ご自宅の前に停まっていたそうで、死ぬほどうらやましいっす(笑)。

どうもありがとうございます。

 

 

 

 

▲通算来訪者二万人突破記念イラスト。

 

 

 

 

▲一四式旅客機(海軍横須賀工廠)。



 


▲通算来訪者三万人突破記念イラスト。



▲平成十五年の年賀状。
こんな飛行艇があったのか。 





▲Shineさんからのの年賀状。粋ですねえ。 






▲通算来訪者五万人突破記念イラスト。 







平成十六年はT-16の10型で。
それにしても単純な飛行機だなあ。





そしてShineさんから届いた年賀状。
ホンダ・モンキーですな。








平成十七年は酉年。
シュトルヒの座席配置はこれであってるのかなあ。
まあ間違ってたら現地改造の特別仕様ということで。








▲通算来訪者十万人突破記念イラスト。








▲平成十八年は十八試局地戦闘機・震電で。









▲さて平成十九年はなにを描いたらいいのか。
イノシシの名前がついた飛行機なんかおそらく飛んでないだろうし、
19の番号がついたのも思い出せない。
ただ、ドルニエ社の飛行機には、Do18とDo20があった。
ならば19もあるはず、と検索したら、写真資料が一枚だけ出てきた。
というわけで、Do19は試作爆撃機。
誰も知らないだろうから、わからないところはほとんど想像で描いた。
描いてから見たら、本物とあんまり違うんで驚いたなあ。









▲平成二十年の年賀状用イラストでは農民車を描くことにした。
ここんとこ飛行機ばっかりだったし、干支でも年数でもいい飛行機の資料がなかったし、
なんといっても農民車のHPだからなあ。
でもこれの年賀状もらったって正月とは無関係で、なんのことだかわかるまい。
まあ出す人を選んだからいいか。









▲平成二十一年の年賀用。







▲平成二十二年の年賀用。
ここしばらく家内安全的なものが続いたので、ひとつおっさんでいってみた。










▲平成二十三年の年賀用。
平成二十二年の夏に、パソコンがめげたので買い換えたのだが、それまでのブラウン管ディスプレイから
液晶画面になると、以前に描いていたイラストがものすごく白っぽくなってしまった。
まるで日光を浴びすぎて色褪せたような絵だ。
液晶画面が明るすぎることは知っていはいたが、ここまで違うとパソコンで絵を描くことに
言いようのない恐れを感じる。
実は、農民車の写真も同様だ。
コピーやら従来の印刷物まで幅を広げて、複製品は作者の意図するものとは違う物と言っていい。
すくなくとも色のついた絵は、本物を見る必要を痛感する。
私がいま自分の液晶画面で描いた絵も、みなさんが見ている絵とは色味が微妙に
違うことが十分予想される。
いったいはったい、どうすればいいのだろう。
どうしようもないよなあ。









▲平成二十四年の年賀用。
実際のところ、農民車は農薬散布のための動力噴霧器と、薬液のはいったタンクを載せて
走ることが多い。ひょっとしたら、収穫物を載せている時よりも多いかもしれない。
なんだか複雑ではあるが、人も農民車もたいへんだ。









▲平成二十五年の年賀用。
こういう新式の農民車には食指が動きづらいのだが、新車もやがては旧車となるのは必然。
ところどころに傷や錆、塗装の退色がおきてくれば存在感も増してくる。
味わい深いものになるのだ。









▲平成二十六年用の年賀状。
色が薄い。
これはたぶん、早朝撮影の写真を使ったことと、
暗い部分の細部を確認したくて明度をあげたので、見本とした色が薄くなったためだろう。
ISO400のフィルム感度も相まって、こまかい部分がよくわからず、苦労した。
市販車の水冷エンジンは、いつかは描かなければならないと意識していたが、
できれば描きたくはなかった。
ややこしい。
配線が死ぬほどわけがわからない。
だから適当。ごめんなさい。








▲平成二十八年年賀状用。前年は父親が死んだんで、賀状は送らなかった。
ところで、ちょっと人物が大きかった。
なんか毎度のことのような気がするけど、なかなか描く気がおこらないくせに
焦りだけはおきるんで、うまく対比ができないまま仕上げてしまうのだ。
反省しても、一年もたつと忘れちゃうんだよなあ。
ちなみにモデルは、故・三瓶明雄さんだ。子供に言ったら、
「明雄さんはこんなけおなか出てない」
と言われた。
どうも失礼いたしました。








▲平成二十九年年賀状用

年々疲れが増してくる。もうちょっと楽に描く方法はないものか。
この元ネガにはプリントがないので、細部を見るにはスキャナーの性能に頼る他ないが、
安物を選んでしまったので余計に大変なことになっている。
おまけに老眼は進行するし…。





巻頭へ